花贈りのマナーについて

投稿日: カテゴリー: マナー

お祝いの花は様々なシーンに利用されています。多くの人の目に留まるがゆえに、間違った贈り方をするのは避けたいですよね。
では、間違った贈りかたとはなんなのでしょうか。簡潔に言うと、場違いな花を選んでしまうことです。
例えば、結婚式のお祝いに贈るお祝いの花に菊が多くあしらわれているだとか、葬儀であるにもかかわらずカラフルで派手な花ばかりが使われているだとかいう状態のことですね。両方とも明らかに場違いですし、贈る相手にも失礼なのはわかってもらえると思います。

お祝いの花を注文する際には、フラワーショップにどういったシーンで使うのかも伝えます。さすがに上記のようなひどい失敗はほとんど起きないでしょうが、場所によってはそもそも花を飾るのがふさわしくないこともあります。
また、送り先が飲食店なのに花粉が舞いやすい花を贈ってしまった、というのもありうることです。相手に喜んでもらうためにも、送り先のことを考慮したお祝いの花を選ばなければなりません。

あらかじめ送り先に確認をしておけば問題ありませんが、プレゼントするなら驚かせたいと、秘密にしたくなる人もいらっしゃるかと思います。親しければなおのことでしょう。しかし、サプライズでのプレゼントは、お祝いの花の場合だと特に失敗の元になってしまいます。
送り先に確認してはサプライズが台無しですから、秘密にして進めることになります。そうなると相手はお祝いの花をもらうことを想定していないかもしれません。頻繁にもらうような品ではありませんからね。すると、お祝いの花を置く用意をしないまま、開店当日になって突然お祝いの花を受け取ることになります。お祝いの花はサイズの大きいギフトです。もちろん驚きはするでしょうが、それ以上に、店先にも店内にも置けず困ってしまうかもしれません。
せっかく用意したお祝いの花も、そうなってしまえば邪魔なばかりです。そのままフラワーショップに引き取ってもらって処分するほかない可能性もあります。

驚かせたい気持ちになるのはより喜んでもらいたいからです。お祝いの気持ちが相手の迷惑になると、双方気持ちよくありません。ゆえに、もしお祝いの花でサプライズを考えているのならば、せめておける場所があるかどうかだけは把握しておく必要があります。
サプライズもよいですが、プレゼントに一番大切なのは相手を思いやる真心です。相手に喜んでもらうために、先を見据えた確認をしっかりとりましょう。花を贈るときに参考になるページを紹介します。
病院の開業祝いに贈る花について